社員採用情報

人財紹介

  

 2006年入社
店長 澁谷 岳史(しぶや たけし)

 

●今一番大事にしている事は、「店舗全体の一体感」です。

私は、ホールに出ることで多くの気付きを日々頂いています。ですので、ホールには宝物がいっぱいあると思っています。お客様の声が直接聞けますし、お客様がご満足されているか、顔色も直接見ることができます。新しく設置した装飾や案内物にしても、お客様の反響を自分の肌感覚で確かめながら運営を進めています。最もやりがいを感じるのは、新しく企画・推進したことに関し「お客様からなんらかの反応や反響」という評価をもらえることです。ご好評を頂く場合もありますし、お客様からは「何か変わった?」などと、お客様の心に響かないこともあります。この反響の強弱が私の糧になり、店舗の成長の種になると思っています。やはり、お客様に「イイね!」とご好評頂くと正直うれしいですね。全てはお客様が満足して頂いているかどうかという観点を基にスタッフ全員が動く、そういう「店舗全体の一体感」を作るように努めています。


●将来は、営業全体の責任者になるのが夢!

店長になってまだ日が浅いですが、将来的には営業全体を任されるような責任者になってみたい。そのためには、エリアマネージャーに助言を頂きながらやっている店長業務を独り立ちできるようにしたいと考えています。休みの日は、「子供にサッカーを教えること」と、「新しい刺激を貰える商業施設巡り」にいそしんでいます。

 


 

     

 2002年入社
店長 坂木田 亮輔(さかきだ りょうすけ)

 

●仕事の楽しさとは・・・

私たちの仕事は、全てのお客様に感動していただくことです。

だからこそ、遊びに来てくれたお客様には感謝の気持ちを持ってお出迎えをしたりご挨拶や世間話をしたり、お客様が喜んで頂ける様々なサービスを行っています。来店されたお客様が笑顔になったり、元気になって頂いたり「今日は楽しかった!」と感じてもらえたら最高です。まずは自分自身が楽しまなければ、目の前にいるお客様を楽しませることは難しいと思います。

「真剣に仕事をしながら、楽しむことも忘れない!」「働くならば、自分が楽しめる仕事であるべき!」 そういった考えから、私を含めてみんな仕事を楽しんでいます。

 

●人それぞれの個性の発揮できる職場!

店長になってまだ日が浅いですが日々、地域の方々に「ドキわくランドがあって良かった」と言ってもらえるお店を作りたいと考えています。安心して遊べることや「おっ!」と驚きを感じてもらえること、ドキドキ、わくわくしてもらえる意外性のあること等、全てはお客様の楽しいに繋がることをスタッフと一緒に考え実行しながら仕事に励んでいます。

そこには役職や年齢も関係なく、スタッフ個人個人の様々な感性や経験が必要です。だからこそ、スタッフ一人ひとりがお客様を楽しませる「感動プロデューサー」なのだと思います。

現在、アルバイトから社員になったスタッフや中途採用で入社したスタッフなど様々なスタッフが働いています。みんなと話していると柔軟な考えやアイディアが出てきて、本当に勉強になります。誰でも「感動プロデューサー」になれるということを仕事の中で日々、実感しています。

これからも様々な「感動プロデューサー」と出会えることを期待しています。

 


 

 

 2012年入社
副店長 齊藤 美由紀(さいとう みゆき)

 

●私自身もそうですが、女性スタッフがもっと活躍できる環境を創って行きたい!

副店長という責任ある立場を頂いて、あっという間に一年になろうとしています。まだ全ての業務に精通している訳ではありません。毎日毎日が貪欲に吸収する日々です。そんな中、役回り上、自店の女性スタッフの仕事やプライベートの相談に乗ることも多く、時には、絶妙な接客で心地よくさせてくれるお気に入りの居酒屋につれて行き、女子トークで弾ける場面も作っています。とにかく、みんな元気です。彼女たちのパワーをもっともっと、活かしきるための工夫を実践していきたいと考えています。

●夢は、「人と触れ合う仕事をずっとやっていくこと・・・」。

少し、昔の話ですが愛知万博の際もパビリオンのご案内スタッフをボランティアでやっていました。初めてお会いする方でも直ぐに打ち解けあうほど、人と触れ合うことが公私共にとても好きです。今のお仕事も色々なお客様に出会える。これは、この上ない喜びですね。(趣味は?という質問に)「ここ2年くらいは参加できていないですが、富士スピードウェイや鈴鹿サーキットなど、全国各地のサーキットに出向き、GT500のレースを観戦ですね!!」と答えるアクティブなリーダーです。

 


 

ワックル